”朗読公演”

岡崎ちか子が楽しくて面白い、あるときはシリアスにあるときはワクワクの朗読公演をお届けいたします。
学校&図書館&保育園etc出張公演報告。※個人でもグループでもお気軽に公演依頼承ります。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT TRACKBACK
PROFILE
 
神奈川県横浜市立洋光台第二小学校
071031
秋の心地良い陽気の中
元気な小学生たちと楽しいひと時を過ごしました。
読み聞かせのさかんな学校ということでお母様方も一緒に朗読会を楽しんでくださいました。
あとから頂いた感想文には、それぞれみんなの想いがつづられていてうれしかったですよ。
このあと、クラスでも学芸会で朗読劇にチャレンジしてくれたそうです。
日頃、教室で静かに読書している子もこのときは目を輝かせて積極的に声を出して演じていたということです。
朗読、朗読劇の輪がどんどん広まりますように。

追伸
ひさしぶりの給食、おいしかったです〜!
ごちそうさまでした嬉しい
神奈川県立横浜市中丸小学校
fuji
冬のとっても寒い体育館
全校生徒が全員集合!!!

防災頭巾をおしりにしいて1年生から6年生まで、60分の朗読劇を楽しんでくれました。
集中して真剣な瞳で聞いていてくれたみんなが、終演後、体育館を出る時に笑顔でハイタッチ!!

もらった感想文は私たちの宝物ですよ。

追伸
中丸小学校では、準備から終演までなんだかばたばたしていて画像を残すことができませんでした。
富士山の画像は、別の日にとったものです。
冬の良い天気の日に見える富士山は澄んでいて、子供たちの元気な姿と重なりました。
東京都江東区北砂小学校出張朗読会
06北砂小学校06北砂小学校1






・宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」
「やまなし」
「いちょうの実」
「注文の多い料理店」他


今年も会えたね〜!
久しぶりに会えた小学生達は元気いっぱいに成長しています。
本の世界に入り込む集中力も年々深まっています。

こうして、朗読を聴く何気ない時間が彼ら彼女らの人生の彩となってくれたら嬉しいな。

実際、朗読に馴染みのない子供さんもこれを機会に図書室に出向くことが多くなったとか。

朗読→読書→想像力→創造力→思いやりの心→コミュニュケーション→伝える力→受け入れる力→可能性→成長 ・・・・・

未来に乾杯!
東京都江東区第七砂町小学校 出張朗読会
出張朗読会前回に引き続き
高学年向け朗読会を開催。

屋外は2月の寒さの中
多目的ルームはみなさんの熱気でいっぱいになりました。

ぽかぽかの日差しの中

素敵な朗読会となりました。
東京都江東区第七砂町小学校 出張朗読公演
かわゆい朗読会のご報告。
江東区の第七小学校での朗読会、一学年3クラスというマンモス校(?・・・校長先生はそうおっしゃっておりました。ちかの小学生時代は一学年5クラス当たり前だった。)
朗読会や人の話を聞くということになれていない子供達だと45分の朗読の時間は結構大変。

こちらの小学生達はすごい!!!
集中力抜群。

特に1年生のお話への入り込み方・・・・・・
もうちょっと長編を用意しとくのだった。

本日の演目は、5分〜7分を3本と15分を一本。
新美南吉さんの作品を一挙上演。
「一年生とひよめ」という作品の中に先生が一年生に話しかけるセリフがあります。
「みなさ〜ん。うそをつくのはいけません!わかりましたか〜わかった人は手を挙げて〜!」と読むと
「は=====い!!!」
手を上げてくれました。

途中の"ひよめ"に唄う歌(ちか作曲)
一緒に覚えて歌ってくれました!!! 
かわゆ〜〜〜い。

こういうお仕事は楽しいです。。。おほほです。
給食もしっかりいただいちゃいました!
栄養士の先生に
「岡崎さんはいろいろなことをやってらっしゃるのですね。」
・・・?
「ホームページ拝見いたしました。」
恐縮です。
色々なことを全力投球、一生懸命させていただいてます。
この日記もしお読みでしたら。。。
この場をおかりしてお礼を申し上げます≦(._.)≧
そして、給食おいしゅうございました!!!

先ほど見た"名探偵ホームズ"の最後のセリフで事件を解決に導いたシャーロックホームズは自分の手柄を世間に出さなくてもいいのだと刑事に言う、ワトソン博士は刑事に「彼は仕事が報酬なのだ。」ときめ台詞。かっこいい〜
そうなの、ステキなお仕事が出来ること
それがなによりの報酬だったりする。

東京都江東区北砂小学校
「図書室朗読会」
演目:宮澤賢治「よだかの星」「セロ弾きのゴーシュ」他

音楽もより物語の世界を深めてくれます。
悲しかったり、楽しかったり、愉快だったり、、、

生徒達はそれぞれ想像の世界を遊びます。
東京都江東区北砂小学校

「図書室朗読会」演目:あらしのよるに、走れメロス、他 

中・高学年の集中力は大変なもので日頃から本に親しんでいる子供たちなのだということがよくわかります。
朗読している側と聞き手が一緒に世界を創り上げているのだという一体感を感じることができます。
東京都江東区北砂小学校
「図書室朗読会」
演目:杜子春、はっぱのフレディ、注文の多い料理店 他

日頃から読み聞かせの時間を大切にしている小学校、校長先生自ら朗読によって、養われる想像力(創造)や表現力の重要性を感じ実践されていることをお話くださいました。
「聞く、興味を持つ、想像する、表現する。。。」
お話の面白さを通して生徒達はいつのまにか力強く成長するのです。
出張朗読会 in千葉県立浦安小学校



「くるまのいろは空のいろ」あまんきみこ
「杜子春」芥川龍之介
朗読:岡崎ちか子


暖かな春をおもわせる陽気のなか、浦安小学校の図書のイベントにお招きいただきました。
花粉症も気になるし、朝の早いうちは声の出もちょっと心配。。。
気合を入れて、早起きしラジオ体操に発声練習
準備万端で浦安小学校に向かいました。
続きを読む >>